facebooktwitteryoutube
in 障がい者の性と恋愛 - 14 3月, 2017
by rO27N - no comments
消し忘れ ライブチャット ライン テレエッチ

消し忘れ出会いを求めるネットの場を利用する人々にお話を伺うと、おおよその人は、消し忘れ人恋しいと言うそれだけの理由で、テレエッチ一瞬でも関係を持つことができれば別に構わないと言う捉え方で出会い系サイトを活用しています。
言い換えると、キャバクラに行くお金をケチりたくて、消し忘れ風俗にかける料金もケチりたいから、テレエッチタダで使える出会い系サイトで、「釣れた」女性で安上がりで間に合わせようライン、と思う中年男性が出会い系サイトを用いているのです。
逆に、女性陣営では少し別の考え方を持ち合わせている。
「相手が年上すぎてもいいから消し忘れ、服も買ってくれて料理がおいしい彼氏が欲しい。出会い系サイトをやっている男性は9割がたモテない人だから、美人とは言えない自分でも思い通りにコントロールできるようになるかも!ひょっとしたら、イケメンの人がいるかも、キモメンは無理だけどライン、顔次第では会いたいな。9割がたの女性はこのように考えています。
理解しやすい言い方だとテレエッチ、女性は男性のルックスか経済力が目当てですし、ライブチャット男性は「お得な女性」をターゲットに出会い系サイトを使いこなしているのです。
どちらにしろ、安くお買い物がしたくて出会いを追いかけているようなものです。
そんな風に、ライブチャット出会い系サイトを使用していくほどに、男性は女を「品物」として見るようになりテレエッチ、女性もそんな己を「もの」として取りあつかうように変化してしまうのです。

消し忘れ ライブチャット ライン テレエッチはナンパより出会える!

出会い系サイトを活用する人の所見というのは、女性をじんわりと意志のない「物」にしていくようなアブノーマルな「考え方」なのです。
先月インタビューを失敗したのは、ズバリライブチャット、現役でステルスマーケティングのパートをしている五人の男子!
集まらなかったのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、ライブチャット男子学生のBさん、テレエッチ芸術家のCさん、某芸能事務所に所属したいというDさん、ライン芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「始めにテレエッチ、辞めた動機からうかがってもよろしいでしょうか。Aさんは後ほどお話しください」
A(メンキャバキャスト)「小生は、女性心理が分からなくて試しに始めました」

真剣に考えてみると消し忘れ ライブチャット ライン テレエッチの恐い所

B(大学2回生)「ボクはライン、ガッツリ儲けられれば何でもいいと考えて辞めましたね」
C(シンガー)「僕は、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ新米なんでたまにしか稼げないんですよ。一流になる為にはささやかな所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、テレエッチ、こうしたバイトもやって、ライブチャットとりあえずアンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「俺は消し忘れ、○○ってタレントプロダクションで作家を目指し励んでるんですが、一度のリサイタルで500円しか頂けないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(若手コント芸人)「実際は、ラインわしもDさんとまったく同じような感じで、コントやって一回多くて数百円のけして楽じゃない生活してるんです。先輩の紹介で、ゲリラマーケティングのアルバイトをすることになりました」
驚いたことに、ラインメンバー五名のうち三名がタレント事務所に所属中という貧相なメンバーでした…、だが話を聞いてみるとどうも、彼らにはステマによくある苦労エピソードは無さそうでした…。

関連記事