目先の小さな利益にとらわれず自分自身を律することが重要なのです

FXで利益を得るためにはどうすればいいのか?という質問を山のように受けます。しかし、その答えとしては、経験、情報収集、情報分析力、先を読む力、決断力、
そして資金力の全てが必要と答えています。しかし、それらすべてを見につけている投資家というのはプロにおいてもほんの一握りと言えます。せっかく投資を始め
たいと思っても、これらすべてを持ち合わせていないとFXでは利益を上げることができないと言ってしまえば投資をやる人間は皆無になってしまうことでしょう。
しかし、実際はそれほどまでにFXで利益を上げ続けるというのは難しいという事なのです。基本的にFXというのは、ちょこちょこ負けて大きく勝つというスタンスが
重要です。小さな損益とは言え絶対に出したくないと思っている方も少なくないと思いますが、FXにおける基本的なスタンスを崩してしまうと絶対に勝つ事は出来ません。
目先の小さな利益にとらわれ売買を細かく繰り返す方もいるようですが、それでは利益を出すどころか一度の大きな損ですべてが水の泡となってしまうことでしょう。
そういう意味の無い事にならないように損益は出来る限り少なくなるようにリスク管理を徹底し、利益が出ているときなどはぎりぎりの線を見極めて大きく利益を得る
ようにしなければなりません。この利益をいかに大きくすることができるかが一番重要になるので、目先の小さな利益にとらわれず自分自身を律することが重要なのです。

FXというのは基本的に素人には向いていないと言われています

FXで投資をしたいという方が多いようですね。しかし、FXというのは基本的に素人には向いていないと言われています。それはなぜかと言いますと、外国為替通貨
を予測するというのは、様々な要因が絡んできますのでそれらすべてを見極め対応する必要があるからなのです。そもそも素人というのは、為替相場に対して何の知識
も持たずに参入する方が少なくありません。「どうにかなるだろう」「本のまねをすれば勝てるだろう」といったように、楽観的であることが少なくありません。なぜそのような
先入観を持っているのかと言いますとやはり、雑誌やインターネットなどでFXは簡単という意識をすりこまれているからではないでしょうか。先人達が簡単にFXで
設けているような記事を見てしまうと、「自分にもできる」と根拠のない自信を持ってFXに挑んでいるようです。しかし、為替相場に関する基本的な知識を持っていない
ためにすぐにぼろが出ることでしょう。基本的な知識として外貨はもとの値段に戻ろうとするという特徴も知らないことから、「もっと値段が上がるだろう」「もっと下げ
が続くだろう」といったようにただのヤマカンに頼ってしまうのです。そんな適当な間隔でFXをやっても結果がついてくるわけがありません。きちんとした知識を身につけ
、そして他人のまねをするのではなく自分のやり方を探すという事も必要になります。そうすることで外貨の予測を立てることが可能になりチャンスが訪れる機会もぐんと
アップするのです。

日本の指標によるトレードの分析は向上しないのです

多くの指標を使っているほうが「儲かりやすい指標」のように思われていますが、こちらについてはFXにおける勘違いでしかありませんので注意しましょう。
と言うのも、日本のFX業者ではそもそも多くの指標を使っていません。
自分が知っている範囲でも、10〜25の指標によって分析となっていましたが、外国のFX業者では30〜50の指標によって分析をしている業者が多かったですね。
そもそも、日本で利用されているストラテジーと言う、実際にシステムトレードなどで使われている戦略プログラムについても、外国の企業・個人が作ったものばかりなので、システムのバージョンアップがされない限りは、日本の指標によるトレードの分析は向上しないのです。
殆どが、個人でFXトレードの研鑽をされているケースで、使っている指標が増えている・・・と言う感じでしょう。
なので、FX業者選びではこのFXにおける勘違いに惑わされないように注意をしないといけません。
声高に主張している業者までいますからね(笑)

IFD注文を使いこなそう

sora
FXのトレードにおいては、「2つの通貨ペアを組む」事で損切りをしているのが何度も説明されているものです。
この手法が良くわからないと言う場合には、実際にFXのトレードについて解説しているサイトに行ってみると良いでしょう。
どこのFXのトレードの解説サイトでも、「リスク分散型の投資」として「余り変動しない通貨ペア」も1つのトレードとして確約されているはずです。

有名なものでは、「日本円と米ドル、日本円とスイスフラン」のような通貨ペアの2セットがそうです。
前者は相場が好く動きますし相場の流れが読みやすいので「攻めの注文」が容易に行えます。
俊敏(変動)性が高い通貨の場合、FXのトレードにおける注文数は自然と多くなりますので、それを「補う通貨」もまた必要となってきます。
それを担えるのが、「殆ど変動しないとされているスイスフラン」なのです。
そして、そのような注文でネックになってくるのは「どうやって注文を行うの?」でしょう。
それがFXのトレードでは可能であり、そのような注文方法こそが「IFD注文」とされている2つの通貨ペアで同時に注文を出す方法なのです。

FXのトレードにおいては、成行注文が初心者向けの注文方法なのであれば、中級者向けなのがIFD注文なのだと覚えておいて良いです。
実際に時間的な都合も必要になってくる注文なので、人によっては「成行注文、指値注文」しか使っていない・・・と言うケースが多いです。
IFD注文では、1つの約定後に2つ目の約定が自動的に発注される仕組みになっていますので、片方で「利益を確定」としているのであれば、もう片方は「損切りを最小限にする」と言う感じでしょう。
これにより2つの通貨ペアでの合計で利益が出やすいとされていますし、特にFXのトレードでは有名な注文方法ですのでFX情報まとめ HOT-FXも参考に様々な注文方法を理解しておきましょう。
実際に使ってみると自動化されているので再注文が楽だったのが良かったですね。

豪ドルの88円という重要な壁

豪ドルのリーマン・ショック以後の値段を見てみると、88円という値段は一つの重要な節目だった事が分かります。

まず、2010年の4月の豪ドルは、88円の壁を越えようと頑張っていました。ですが、とうとう越えられませんでした。すなわち、ある一線を越えられなかったという事になります。

そして2011年の4月に再度88円を越えようと頑張ります。そして今度は超えました。90円台を記録しています。ですが、結局その月は87.65円にまで下がっています。

その翌月の5月も再度88円を超えています。さらに2012年の3月にも、また88円を越えようとします。今度は88.6円にまで上がります。ところが、またもや下落をしてしまいます。

この事から幾つかの事実が分かりますが、確実に言えるのは88円という壁は豪ドルにとっては非常に分厚かった事を示しています。

我々は、よくニュースで「高値更新」という言葉を目撃するものです。そういう時は、要注意です。

もしも壁を超えると大きく上昇をする事が多いからです。それか壁で跳ね返されるかのどちらかになります。

すなわち上記の豪ドルでは88円を超えるまでは、売り注文を基本に考えます。超えた後は、買いを基本に考えるのです。

ニュースなどで高値更新という言葉を聞いた時は、神経を過敏にするべきかなと私は思います。上記の豪ドルの例からも分かるように、かなり重要な節目という事がほとんどだからです。

逆に言うと、壁に近づいた時に瞬時に反応できるように普段から壁を意識して取引をする事が重要という訳です。これはスワップポイントを狙ってFXを検討している人にも重要だと思います。ぜひ覚えておきましょう。

最近の米ドルに現れている一服の例

最近の米ドルに、まさにFXの「一服」という専門用語の一例の状況があります。

現時点で最近の米ドルの値動きの流れを見てみると、ある時から米ドルが上がり始めています。それからは、まさに上り調子です。

上げに次ぐ上げが連続をして、ひたすら上がってきました。まさに上り坂という表現がふさわしいチャートの形です。

ですが、ある時から上がる勢いがストップしてきました。つまり、上り坂が落ち着いています。階段でいう踊り場のような状態です。今までは上り階段でしたが、水平線になったという訳です。

このように上昇が続いてきた後に踊り場のような状況が発生する事を、一服と表現する事がよく有ります。FXでニュースを見ていると、ほぼ毎日のように目にする表現です。嫌でも覚えるとは思いますが、この言葉は覚えておきたいものです。

それでは現在一服している米ドルは上がるのでしょうか、それとも下がるのでしょうか。それは誰にも分かりません。各自予想はしていますが、それが当たるかどうかは不明という状況です。

一服になっている状況というのは、上がるか下がるか探っている状態です。どちらに転ぶかは不透明という訳です。トレンドレスと表現される事も有ります。

個人的には、こういう状況の時にはあまり取引をしない方がベターかと思われます。トレンドがはっきりしないからです。

いずれにして、このように上がってきて落ち着くというパターンはFXではよく見られるものの一つですので、覚えておきましょう。

口座開設キャンペーンでの4つの重要なポイント

もしも口座開設キャンペーンに次々と応募をして稼ぎたいのならば、少なくとも4つ準備するべき点があります。

1つ目は本人確認書類です。免許証など身元を証明するための書類です。口座開設の際に、それらの書類を提出する必要があるからです。

インターネットで提出をする方が早いので、事前に本人確認書類の写メを撮影しておきましょう。

2つ目は、ネットバンキングをする為の口座です。

なぜなら、ほとんどのFX業者ではクイック入金というシステムを採用しています。ネットバンキングを利用してFX業者に入金をするという方法です。

これを用いた方が明らかに手続きが早く、手数料が割安なのでネットバンキングができる口座はほぼ必須です。

3つ目は元手です。FX業者にお金を入金しないと、キャンペーンの適用にならない事が多々有ります。中には口座開設だけでお金を受け取れるキャンペーンも有りますが、数はかなり貴重です。

そして4つ目が最も重要です。取引をするタイミングを分析しておく事です。

そして具体的に幾らで損切りをするのか、値段分析をしておく事です。これをしっかりとやっておかないと、今までの苦労が全て水泡に帰します。大損対策をきちんと考えるのが最も重要です。

以上の4つがほとんどの口座開設キャンペーンで必要になってくるものです。ただし、「全て」のキャンペーンに対して必要という事ではありません。中には口座開設だけでキャンペーンの適用になる事も有るからです。

ですが、大抵のキャンペーンでは取引までを実行しないとお金を受け取れません。特に4つ目の損切りの分析は非常に重要だと私は思います。

取引には月額固定プランのインターネット環境が必要

ダイヤルアップなどの従量課金制のインターネット料金プランで、FXの取引をする事は可能なのでしょうか。

結論から申し上げると、一応可能ではあります。

ただしそれは、インターネットにつなぐのは可能という意味です。

従量課金制という事は、電話と同じく使えば使った分だけお金がかかります。

あまりにも多くインターネットを使ってしまえば、その分多くの料金がかかってしまうものです。

そしてFXでインターネットを利用する時というのは、かなりの通信量になります。

大量の情報を扱う事になりますので、インターネットに接続する時間も相当な長さになります。

ですので下手すると、1ヶ月の請求が5万円を超えてしまうかもしれません。

それでは、何のために稼ぐのか分からなくなってしまいます。

以上の事からFXで稼ごうと思うのでしたら、まずインターネットの料金プランを「月額固定プラン」にする必要があります。

ところで、この話は実はFXの業者がしっかりとホームページなどで言及しています。

かなり目立たない箇所に書かれている事が多いですが。

業者が言及している位なので、やはり料金プランは月額固定プランにするべきなのです。

もっとも一度従量課金制でFXの取引をしてみれば、嫌でも固定プランが必要かなとお分かりになるかなと察します。

ちなみに、そもそもFXはインターネットの利用が前提となります。

業者もよく質問されるそうなのですが、電話で外貨の取引の注文はできない業者の方が圧倒的多数です。

まずは月額固定プランのインターネット環境を完備してからFXを始めるべきという訳です。

パスワードは分かりづらいものにするべき理由

以下に書く内容は、なかなか重要なものかと思われます。

パスワードです。

そして、それは誰もが重要なものだとお分かりかと思います。

パスワードさえあれば「なりすまし」さえもできるのですから、非常に重要な情報という事になります。

やはりパスワードは厳重に管理をする必要があると思いますね。

ちなみに、あるFX業者はパスワードを何回か変更するように注意喚起をしています。

あまり何度も同じパスワードを利用するのは、セキュリティ上色々な問題が有るようなのです。

また、パスワードは複雑なもので設定をするべきなのだそうです。

極端な話、生年月日が12月15日ならば1215のパスワードは危険という事になります。

他人から推測されにくいものにするべきという訳です。

できれば、もっと分かりづらいパスワードにする方が良いですね。

英語と数字を組み合わせたものにするなど、工夫が必要だと思います。

パスワードの悪用で最も恐ろしいのは、あなたがFX業者に預けているお金が不正に抜き取られてしまう事です。

人によってはFX業者に大金を預けている人もいらっしゃるかもしれません。

そのため、他人から推測されにくいパスワードを設定することはやはり重要なのです。

ともすると日々取引に没頭しがちなので、なかなかこういう事まで気が回らなくなるものです。

ですが、こういうセキュリティの問題もしっかりと考えましょう。

ある意味、取引よりも重要かもしれません。

まかり間違ってもお金を不正利用されたという事が無いようにしたいものですね。

値動きの落ち着き度合いは株もFXも銘柄や通貨次第

株式取引は、上場している企業に対して投資をするというものです。そしてご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、上場には幾つかの種類があります。
東証一部と二部の上場と、ジャスダック上場です。
ジャスダック上場企業は全般的にベンチャー系が多いですが、東証の場合はさらに大規模な市場となっています。その中でも東証一部は一番のエリートでの分類となっています。
ところで、これがトレーダーに対して関係してくるのは株価の値動きです。
一般的には東証一部の方が株価の値動きが落ち着いている傾向が見られます。
ところがジャスダック上場企業は、値動きが激しいものです。慣れない内は、ジャスダックの企業の株価の流れについて行くのが大変かもしれません。
ところで、これはFXでも似たような話を聞きますね。例えばユーロと南アフリカランドです。この2つの通貨は、本当に値動きが対照的です。
南アフリカランドは、だいぶ落ち着いた値動きです。
1日経過しても、ほとんど値動きが発生しないという事もよく有ります。
しかしユーロは本当に値段が動きます。あまりにも値動きが激しいので、じゃじゃ馬という表現をしている人も居るくらいです。
つまり株式取引の東証一部は南アフリカランドに似ており、ジャスダックはユーロに似ているという訳です。ただしエリートか否かは、関係あリません。ユーロ圏と南アフリカランドのどちらがエリートなのかは比較が難しいからです。
このように、株式取引もFXも、値動きの激しい通貨や銘柄などは色々と存在するという訳です。